最高記録は挿入後すぐに射精!20年以上も早漏に悩まされた管理人が、鬼のように「パンパンパンパン!」とピストン運動が出来るようになるまで更新を続けるブログです。セックスに自信がない、風俗でしか楽しめない!そんな漢の悩み解消に役立つ実体験レビューを提供しています。

鬼パン

デリヘル体験 管理人の風俗体験談

【可愛いデリヘル嬢さんへ】早漏客に本番交渉するのは止めて頂けませんか?

投稿日:

色んな記事で書いていますが、当サイト管理人はスッゴイおっぱい好きです。デリヘル嬢も、顔なんて正直どうでも良くて巨乳かどうかが選ぶポイントになっています。

しかし、ここ半年くらいはチェックしてもイマイチ巨乳な嬢(※理想はGカップ以上)が見当たらなくて、デリヘルで遊ぶ機会がなかったのですが、遂に!風俗の本場?すすきのから出稼ぎに来ているという巨乳ちゃんを発見しました!

(※プロフでは動画もアップされており、もう間違いなくハズレはないであろうボディラインでした。)

急いで予約の電話を入れてみると、以外にも予約で埋まっている状況ではなく、あっさりと予約が完了しました。

来たのはハタチのHカップ!当たりのデリ嬢だった!

ホテルにチェックインをして、お店に連絡を入れるとほどなくデリヘル嬢のりか(※仮名)は到着しました。

入ってきたのりかちゃんは、芸能人でいうと「滝川クリステル」を若くしたような感じ。歳はハタチ!背が低くて何だかJKへ淫行しているような気分。こんなカワイイ子に、40手前のおっさんの相手をさせるのが何だか忍びない・・・。

肝心のおっぱいはもう、服の上からでも「アタリ」であることは明白でした。服装は正直覚えてないですが、何かはち切れそうでしたからw

とりとめもない話をしながら、のりかちゃんは僕の座っていたソファの隣に腰かけます。お店に電話を入れたり、料金の支払いが終わると、彼女は僕の方に身体を向けて手を握ってきました。

正直、会話の内容は舞い上がっていて何を喋ったか覚えてません(^ ^;)整形したっぽい目だったんですが、まっすぐにじっと見つめながら話す子でスゴク緊張してしまいました。

話し方は、いわゆるネコナデ声。甘えるような雰囲気でまるでキャバクラで接客されているような高揚感がありました。まあ、僕はキャバ行ったことないんですが・・・。

僕は、手を自分の股間の近くに置いていました。彼女の手が、その僕の手をさすりさすりしつつ、触れるか触れないかくらいで僕のチ○コを刺激してくるんですよね。その度に「ビクンッ!」とチ○コが動くんですが、彼女は気にせず会話を続けます。

最初は、「気のせいか?」と思ったんですが、会話が進むにつれてギンギンになった僕のチ○コに彼女の指先が擦れる回数がどんどん増えていきました。僕はMっ気があるので、段々と黙るようになってしまいましたが、彼女はそれでも僕のチ○コを指先で擦り続けます。

「ねぇ・・・苦しそうだよ・・・?」

遂には、僕の勃起チ○コは彼女のカワイイ小さな手でなぞるように刺激されていました。キョドっている僕を面白そうに眺めながら。

「それじゃあ、シャワー浴びましょうか」

僕のチ○コを十分に弄び終わると、彼女はそう言って手早く服を脱ぎ始めました。彼女は可愛い外見とは裏腹に、チャッチャと行動したがるタイプのようです。

僕も後を追うように服を脱ぎつつ、彼女に目をやると、ブラジャーの上からこぼれ落ちそうなHカップが・・・!思わず「ス、スゴイおっぱい・・・」と言うと「うふふ💛ありがとう」と少し照れた感じで返してきたのがタマりませんでした。

シャワーで身体を洗ってもらい、先に上がってベッドで待っていると、視界に飛び込んできた彼女の下着。

普段、僕は下着マニアでもにおいフェチでもないのですが、ちょっとクンクンしてしまいました(^ ^;)。

浴室のドアが開く音がしたので、慌てて下着を元に戻してベッドで待機。彼女は身体にバスタオルを巻いた状態で僕の元へきました。

いつもなら、ここで主導権を握って色んな体位でパイズリだけを楽しんで狭射・・・というのが僕のデリヘルでの楽しみ方なんですが、さっきの責めによってMスイッチが入ってしまったのか、固まったままじっとしてしまいました。

彼女の「仰向けで寝て?」の一言に素直に従います。彼女は手慣れた様子で乳首舐めをしながら焦らすようにチ○こ周辺をフェザータッチで攻めてきます。

「何でイキたいの?」と聞かれて、パイズリと答えるとすぐに僕の腰を上げてチ○コをおっぱいに近づけると、Hカップで挟み込み小刻みに上下させます。

もう、すでに射精寸前でした(^ ^;)。「イクの早い方なの?」と言いながら彼女は絶妙の寸止めを繰り返しながら、パイズリを続けてくれます。

僕の耳元で放った最高にエロいささやき声

「オチンチン、おっきいよね💛」

ツバを垂らした亀頭を中心に、グチュグチュと手コキしながら彼女は言ってきました。確かに、僕は付き合ってきた彼女や、風俗嬢ほぼ全員から大きいといわれます。

「このオチンチン、挿れたらキモチイイかも・・・💛」

ん・・・?ひょっとして、セックスしようってこと?

でもまあこれって、風俗嬢のリップサービスで良くあるフレーズですよね。

彼女は手コキをしつつ仰向けの僕の右隣に寝そべると、僕は彼女のおっぱいを目に焼き付けるようにひたすらモミモミしていました。

すると彼女は、僕の耳元で切なそうな喘ぎ声を聞かせてきました。はっきりいって、僕もそれなりの年齢でそれなりにセックス経験があるので、演技丸出しの喘ぎ声とは分かっていますが、耳元でやられるとゾクゾクして興奮が高まります。

「ア・・・ンッ・・・」

乳首をゆっくりと刺激すると、その声はますます艶っぽくなり、僕のチ○コを握るチカラがギュッと強くなります。

「ねぇ・・・オマ○ンコも触って・・・?」

彼女は僕のチ○コから手を放すと僕の手を掴み、マ○コまで持っていきます。触ってみると・・・なんと、おっぱいしか攻めていないのにビッチャビチャに濡れていました・・・!

「指、中に入れて・・・」

彼女の唇から漏れる熱い吐息を耳元で感じながら、いわれるがままにゆっくりと指を挿れると「ズブッ・・・」とイヤラシイ音を立てて飲み込まれていきました。

「ハッ・・・ウン・・・」

「ン・・・指、動かして・・・」

普通、いきなり膣内に指入れを求めてくる女性っていないです。鈍感な僕でも、彼女が何を言わんとしているかはもう、分かりました。

「ねぇ・・・本番しない?”2”でどう?」

そう言いながら、膣内にある僕の指を「ぎゅっ~」と締め付けてきます。普段なら、僕はゼッタイに風俗で本番や生フェラ、スマタ、キスなどのヘルスプレイはしません。一応、配偶者がいる身なので、万が一性病感染でもしたら妻に申し訳が立たないからです(じゃあ風俗行くなよって話なんですが)。

しかし今回は、あまりにも規格外の可愛さにすでに生フェラもしてもらってしまいました・・・。もう、チ○コは十分に高まっている中で、指にはマ○コのきつい締め付け・・・理性が吹っ飛びそうになるのを必死に堪えていました。

早漏チ○コを求めるのはちょっと反則すぎますよ・・・

が、僕は何とか踏みとどまり、もう一度パイズリをしてもらって狭射でフィニッシュしました。

しかし、「良く我慢した!店から罰金でも請求されたら大変だしな!」と自分で自分を評価する気にはなれません。僕が本番を断ることが出来たのは、早漏チ○コのおかげに他なりません。

お金を払って挿入したところで、今のチ○コの状態ではものの数秒で暴発することは、感覚で分かっていました。その、たった数秒のために追加料金を払うというのはいくらなんでも空しすぎるだろう。そう判断しただけのことです。

これが、まだ余力のある状態だったなら、正直言って本番してしまっていたと思います。交渉のときは彼女も結構粘り強くて、僕が断ると「え~。これ、挿れたらゼッタイ気持ち良いのにぃ・・・💛」「じゃあ、”1”ならどう?」などと食い下がってきました。シコシコしながら耳元で。タマランですよ。

本当に、今回のことは良い勉強になりました。

僕は既婚者です。奥さんへ性病感染させた時のリスクを考えると、粘膜同士の接触のあるヘルスプレイは今後やるべきではないと考えています。最近では、手コキプレイかパイズリしか求めていませんでした。

しかし実際に、薄暗いホテルの密室にスゴク可愛い爆乳の女の子がやってきて、ありとあらゆるサービスをしてくれてネコナデ声で「本番しよ💛」などと言ってこられると、男の理性なんて簡単に吹き飛んでしまいます。

(※一部抜粋)風俗に行かない人も油断はできません。女性のクラミジアや淋病は、ほとんど無症状の為、本人も気づかないままに感染しているケースが非常に多いです。

その為、一般の女性相手でもクラミジア等はあっさり感染します。

自分の身体、そしてパートナー(奥さんや彼女)を守る為には、あなた自身でしっかり性病感染を予防する必要があります。

引用元➡https://chlamydia-std.xyz/

最近、こちらのサイトを読んで「性病感染ってこうやって起こるのか」という知識を得て、自分のしていることに対して凄い罪悪感を持っています。

しかし、日々の仕事関係のストレスや辛さを解消できる唯一の趣味が風俗であるのも事実。

それであるなら、きちんと予防をしつつ節度ある楽しみ方を模索する必要があります。もし、離婚して独り身になったらどうでも良くなると思いますが、今はしっかりと責任をとらなければいけません。

記事のタイトルに「本番交渉するのは止めて」と書きましたが、ここでそんなことを言っても聞いてもらえないので、その場の欲望に流されないように自己防衛策を考える必要が出てきました。

「奥さんとたくさんセックスをする」選択肢もありますが、さすがに6~7年ほど連れ添っていると、異性としての魅力はどうしても薄れてきます。

今のところ、対策といっても「まめにオナニーをして発散する」くらいしか思いつきません。世の働くサラリーマンたちは、このどうしようもないムラムラ感をどう処理しているのでしょうか?それとも、40手前になってもこんなに欲求不満になる僕がおかしいんでしょうか・・・?

プレイ後に彼女が語ったすすきの事情を少し

プレイが終わって、腕枕をしながらイチャイチャタイムを過ごしていると、本番を断ったことで機嫌が悪くなった様子もなく、ホッとしました。彼女曰く、「すすきのだとほぼ全員の客から本番させろと言われる」そうです。誰かれ構わずヤッちゃう嬢もいるし、客を選別している嬢もいるんだそう。

のりかちゃんは後者の選別するタイプで、本番をゼッタイさせないお客の特徴は以下の2つだそうです。デリで本番したい方はご査収下さい。

  • 「やらせてくれるのは当たり前」という態度で接してくる客
  • 高圧的な態度や暴力的なタイプの客

風俗に限らず、横柄な態度をとる男性は嫌われるのは当たり前ですね。気を付けましょう。

↓ 国内正規品の治療薬を見てみる ↓

当サイトイチ押し!早漏克服教材

スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

私も重度の早漏でしたが、この教材の教えの通りに実践した結果、妻との性生活が充実しました。

生半可な気持ちではなく、「早漏で女にもうバカにされたくない!」「自分のペニスで女をヨガらせてみたい!」そんな男性欲求を満たす為に、一度試していただきたい優良教材です。

-デリヘル体験, 管理人の風俗体験談

Copyright© 鬼パン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.