最高記録は挿入後すぐに射精!20年以上も早漏に悩まされた管理人が、鬼のように「パンパンパンパン!」とピストン運動が出来るようになるまで更新を続けるブログです。セックスに自信がない、風俗でしか楽しめない!そんな漢の悩み解消に役立つ実体験レビューを提供しています。

鬼パン

早漏と浮気

遂に訪れた倦怠期・・・彼女に対していまいちテンションが上がらない男性に提案するマンネリ解消とは!

投稿日:

例えば、
「彼女の言動や行動にイライラするようになった」
「言い争いが多くなった」
「うっとおしいと感じることがある」
「彼女に欲情しない」
「セックスまで持ち込むのが面倒」

彼女との関係性がこのように変化していった先にあるのが、どのカップルにも訪れる「倦怠期」です。

僕は恋愛経験は決して多くはない40手前のおっさんですが、付き合った女性とは割と長く続くタイプなので、倦怠期に入った時の男性の感覚や思考は何となく想像がつきます。

僕としては、倦怠期に入って色々と状況や気持ちが変わったからと言って、愛情が冷めたと判断するのは早計だと思っています。

しかし、自分のモヤモヤとした気持ちに気づかないふりをしたまま付き合い続けても、女性はカンが良いので違和感を感じてしまいますし、二人にとって明るい未来が見えてこないでしょう。

そこで、ここではカップルに訪れる倦怠期の乗り越え方について、男性目線で考えていこうと思います。

倦怠期とは

倦怠期とは、「マンネリ化」と表現されることもあります。付き合った当初はお互いに遠慮もあるし、相手のすべてが新鮮に映るので何をしていても楽しいものです。

しかし、数か月、半年、一年と時間が経って一緒にいることが当たり前の感覚になると、相手の嫌なところや価値観の違いが徐々に表に出てきます。

絶えずケンカをしてぶつかり合う状態もあれば、もはやケンカにすらならず会話も減っていき、まるで何十年も連れ添った老夫婦のような付き合いになってしまうこともあります。

倦怠期で悩むのは、男性よりも圧倒的に女性が多いといわれています。その理由は、女性は愛情を常に感じていないと不安になる生き物だから。男性側の言い分としては「付き合いたての頃と同じペースでやさしくできないよ」が本音なわけですが、女性側はそれでは納得しないということですね。

彼女側としても倦怠期になると、付き合った当初と比べて彼氏は自分を大切にしてくれない(ようにみえる)と思うようになるので、自分も相手に合わせて段々とすっぴんで過ごしたり、あぐらをかく、裸で目の前を歩き回るといった、女性らしさに欠ける行動をとるようになります。

男性にとっての倦怠期はぶっちゃけ・・・

冒頭で述べたように、彼女に対してイライラが募ったり何となく依然と比べて不満を抱えてしまう男性は、要するに彼女のオンナとしての魅力を感じなくなったからです。

僕も5年以上同棲をした末に結婚をしたパートナーがいますが、今でもめちゃくちゃ欲情しますし台所に立っているのを見ると「後ろからバックで犯してやろうかな」とかいまだに思います。殴られるから絶対にしないですが。

「オンナの魅力とは何か?」を図るには、つまりあなたが彼女とヤリたいと思えるかどうかに尽きます。

彼女側は恐らく「エッチを求められる=自分に魅力を感じてくれている」と思います。

ただそれは、きちんと相手を悦ばせるセックスをしているなら・・・が大前提です。「セックスをするまでの雰囲気作り➡前戯➡セックス➡後戯」すべてをひとくくりとして、相手を満足させられていないのなら、いくら繰り返しても逆効果です。

あえてタブーを犯してみるのもアリ

「いやー・・・今さら彼女とのセックスに対して真剣に頑張りたいと思えない・・・」

そんな重症なあなたには、ぜひ女性にとってのタブーを犯してみることをおすすめします。

風俗(ソープ・デリヘルなど)やキャバクラなど、彼女以外の女性との接点を作ってみましょう。

普段からバリバリ浮気しているという猛者には効果がありませんが、「浮気はご法度!」という一般常識を兼ね備えた男性であれば、他の女性に触れるというタブーを犯してみることで彼女の新たな魅力に気づくことが出来るかもしれません。

ちなみに僕は結婚してから、資金に余裕があれば半年に一度くらいのペースでデリヘルを利用しています。単純にデリヘル好きというのもあるのですが、妻だけを抱き続けていては分からない魅力を再確認する意味でも、風俗というタブーを犯すことは重要だと考えています。

プレイが終わると、やはり決まって「妻の方が何倍も魅力的」だと思えるんですよね。これは、性的な意味だけでなく女性の総合力としての比較の話です。

風俗にしろ浮気にしろ、他の女性と性行為をするということは付き合っている彼女に性病感染のリスクがあるということも理解した上で自己責任のもと行動してください。付き合っているからといって、彼女の身体を傷つけるような行為は決して許されません。

倦怠期になって彼女に魅力を感じないと悩む男性は、そもそもそれが当たり前の現象だということに早く気付いた方が良いですよ。だって、付き合いたてのキラキラしていた彼女の姿と今を比較し続けていれば、そんなの過去の彼女が勝つに決まっているじゃないですか?

だから、他の女性とも接点を持つ必要があるんです。おすすめはやはりキャバクラのような接客のプロである女性とおしゃべりする程度が良いでしょう。キャバ嬢ならまずいきなりお持ち帰りできることはありませんし、向こうも仕事として付き合ってくれるわけなので、変に気分転換に友人と飲みに行くとかよりよほど健全な息抜き方法だと思います。

彼女も同じことを思い実行する可能性も十分アリ

ただし、倦怠期を迎えているということは、同時に自分が傷つけられる覚悟もしておかないといけません。

僕が過去、彼女に浮気されたときもそうでしたが、大事にしてくれない彼氏を持つ女性は高確率で他の男に傾きやすくなります。

相手も同じように関係性の修復に悩んでいるわけですから、同じような発想でつい人数合わせの合コンに参加したり、周りに色目を使っているかもしれません。

まとめ

ここで提案させて頂いた「他の女性と接点を持つタブーを犯す」というのは、当然ですが彼女にバレてしまっては完全に関係が崩壊してしまいます。浮気も含めて相手にバレないように行うのがマナーであり思いやりなので、慎重に事を進めておきたいものですね。

過去、僕自身は「何か、マンネリ化してつまんないなあ・・・」と思いつつも特に何もせずにダラダラと付き合っていて、嫌気が指した彼女に浮気をされました。今になってようやく分かってきたのですが、やっぱり積極的に男は動いて引っ張っていった方がカップルとしてはうまくいきます。

ウジウジしたりナヨナヨした態度が好きな女性はいません。記事の中でも触れましたが、彼女とのセックスもいつの間にか受け身になってはいないでしょうか?

セックスは行為が始まる前から準備が必要ですし、終わった後もピロートークなどで幸せな気持ちを味わせておかないと、寂しくなった彼女の身体は他の男性ペニスを欲しがってしまうかもしれません。

また、これまでのセックスで挿入時間の短い早漏セックスを繰り返してこなかったでしょうか?もしそうだとしたら、これまでも性的欲求が満たされない欲求不満状態だった彼女が、更に倦怠期で愛情まで感じられなくなってしまったとしたら、他の男を物色し始めても何の不思議もありません。

関連記事➡早漏が原因で彼女や妻が浮気に走る理由

「まさかアイツに限って浮気なんて・・・」と思うあなたは甘すぎです。女性は浮気に関してどれほど罪悪感があっても、自分が明確な理由を持ってすればカンタンに一線を踏み越える生き物です。

関連記事➡彼女が浮気したのに罪悪感を感じていない!?そんな時にチェックしておきたいカレシのNG行動とは

「付き合っていることは当たり前ではなく、幸せなこと」だということを、再確認出来れば関係を続けていくべきだと思います。しかし、他の女性と比較して少しでも「別れようかな・・・」「もう、面倒くさいな・・・」といった思考にしかならないなら、潔く彼女に別れを告げた方がお互いの為です。

当サイトイチ押し!早漏克服教材

スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

私も重度の早漏でしたが、この教材の教えの通りに実践した結果、妻との性生活が充実しました。

生半可な気持ちではなく、「早漏で女にもうバカにされたくない!」「自分のペニスで女をヨガらせてみたい!」そんな男性欲求を満たす為に、一度試していただきたい優良教材です。

-早漏と浮気

Copyright© 鬼パン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.