最高記録は挿入後すぐに射精!20年以上も早漏に悩まされた管理人が、鬼のように「パンパンパンパン!」とピストン運動が出来るようになるまで更新を続けるブログです。セックスに自信がない、風俗でしか楽しめない!そんな漢の悩み解消に役立つ実体験レビューを提供しています。

鬼パン

セックスのお悩み

早漏には辛い現実!彼女がいつも生セックスを希望・・・最適な解決方法は何か

投稿日:

「生セックスを希望されると、すぐにイッてしまうから恥ずかしい」

女性から生で挿入をお願いされることで、(受け入れるかどうかはさておき)嫌な気持ちになる男性は少ないんじゃないでしょうか。しかし、辛いのが早漏の場合です。せっかく生で挿入することで彼女をイカせられるチャンスであるにもかかわらず、かえって今までより持続時間が伸ばせないのは辛いし情けないですよね。

しかも、妊娠を望んでいないのであれば、二人にとって望まぬ命を授かったということで「中絶」という最悪の結末も想定されます。また、コンドームなどの避妊具を使わないことで、性病感染のリスクもアップします。

これが、頭ではわかっているのにいざ大好きな彼女を前にすると、なかなか断ることが出来ないのも僕は(※40手前のおっさんではありますが)男性なので理解できます。男は特にそうですが、人間そんな強く意思を持てないものですよね。

特に、社会人になりたての一年生くらいの若者ともなれば、仕事のことや将来のことが不安で霧がかかっているような状態。自分のことだけでなく、大好きな彼女のことまで背負うだけのキャパを広げようとすると、どこかで必ずパンクしてしまいます。

しかし、だからといって「彼女が生セックスをせがむ➡迷いながらも受け入れてしまう」という負の連鎖はいつかは止めないといけません。これは二人の問題であって、ほっといていても事態が好転することはありません。

そこで、ここでは生セックスを希望する女性の心理を考察するとともに、僕の考える最適な対応策をシェアしようと思います。

生挿入を希望する彼女の気持ち

生のセックスをせがむ彼女の心理というのは、ワンパターンではなく様々な原因が考えられると思います。

出来婚を希望している

出来婚を希望する女性は、僕もこれまで付き合ってきた女性の中にもいました。

まず、テレビでたまに特番が組まれている「大家族」に出てくるような肝っ玉かあちゃんタイプなどは、基本的に「妊娠したらしたで産む!自然に任そう」というスタンスです。

こういうタイプの場合、「授かったら産んで当然」と思っているわけで、こちらの精神的・肉体的負担やプレッシャーについて考慮する気がありません。

妊娠を希望している

ある程度年齢のいっている女性と付き合っていると、たまに妊娠することを求めて生セックスをせがむこともあります。

「最悪の場合はシングルマザーになってでも」という覚悟の上で行動する女性もいますので、生挿入どころか「安全日だから」「ピル飲んでるから」と中だしを求めてくる可能性も。注意が必要ですね。

生セックスの快楽を与えることによって自分の愛情が伝わると思っている

困ったことに、こういう女性もいるんですよ・・・。過去の男性遍歴で何かあったのか、「ゴムをつけてセックスすることは、愛する二人にとって必要のない行為」などと解釈している女性も中にはいます。

もしかしたら、過去の男にセックスが原因で浮気をされたことで、自分に自信がないのかもしれませんね。超依存型女性のとる行動ですから、もしも妊娠して中絶などということになったら病むこと間違いなしといえそうです。

ゴムアレルギーである

僕もコンドームを装着すると痒みが生じるゴムアレルギーですが、女性側もアレルギー体質である可能性はあるでしょう。

たかがアレルギーと侮らない方が良いです。人によっては痒みやかぶれ、腫れなどの皮膚だけの症状以外にも「アナフィラキシーショック」といって、呼吸障害や血圧の低下が引き起こされることにより命を落とす危険性も高まります。

彼女にピルの服用をお願いをして、ゴムを装着しないのも方法のひとつですが、最近ではゴムアレルギー症状を引き起こさない新たな素材を使ったポリウレタン製コンドームという商品が、「サガミオリジナル」などのメーカーから発売されています。こういったものを利用していればアレルギー症状は防げるでしょう。

過去の性体験でセックス嫌いとなり、ゴムありの挿入に痛みがある

「自分のペニスだけが気持ち良ければ良い」という自分勝手なスタンスでセックスをする男性もいます。もしかすると、彼女が過去に付き合った男性もそういうタイプだったことで、「ペニスを挿入されると痛い!」という恐怖心が芽生えているのかもしれません。

そういう女性は濡れにくいことも手伝って、ゴムをつけたペニスを挿入すると痛がります。対処法としてはねちっこい愛撫でゆっくりと自分のペニスに慣れさせること、それでも濡れないようであればローションやジェルなどの潤滑油によって滑りを良くして対処するしかありません。

生を希望する彼女の気持ちを知るには

これまで述べてきた内容は、僕が付き合ってきた女性を元に書いた内容です。しかし、これらの理由がそのままあなたの彼女に当てはまるとは僕は思えません。

突き放すような言い方になってしまいますが、彼女の気持ちを知るためには本人と直接話し合うしか方法がありません。

ただ、理由は何にしろ悲観的にとらえる必要はないことだけははっきりしています。だって、生でセックスしたいと相手は思ってるということは、それはもう心からあなたのことを愛しているわけですから。

万が一の事態に備えてアフターピルを常備しておく

彼女との話し合いの末、生セックスを続けることになった場合に、同じ経験をした一人の男として一つご提案があります。

早漏であるがゆえに、射精のタイミングでペニスを引き抜くのが遅れて膣内に少し出してしまった・・・精子は少量でも十分妊娠の可能性はあります。外出しは避妊にはなりませんが、早漏となると余計にリスクが高くなるので、しっかり対策も講じておかなければいけないですよね。

一番確実なのは、彼女にピルを服用し続けることですが、万が一それに同意してもらえなかった場合には、アフターピルという避妊薬を購入しておくことです。

「アフターピル」とは、誤って膣内に射精してしまった場合に、行為後72時間以内にピルを服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。100%とはいきませんが、妊娠後の中絶手術をするくらいならこちらを試した方が良いと思います。

僕は今現在既婚者ですが、4~5年ほど前当時付き合っていた彼女とセックスしていてゴムが破けてしまって中出しした時に、アフターピルを飲んでもらいました。特別重篤な副作用も見られず、生理も通常通りきたので事なきを得ました。

後は、上手に外へ射精する技術さえあれば、安心とまではいかなくとも今までよりはセックスを楽しめるのではないでしょうか。しかし、お互い大人ですから当然自己責任の元で行わなければいけませんし、当然のことながら風俗を含めた他の人との性行為を行うのも、性病感染のリスクが高まるので厳禁です。

早漏のままではパートナーを満足させられない

生のセックスで早漏の男性がコンプレックスに感じるのが、「相手が満足することなく自分が果ててしまう」ところですよね。

分かります・・・。僕も依然、生セックスを希望する彼女と毎回エッチしては速攻で果ててしまうのを繰り返していて、次第に自分に自信がなくなってセックスレス➡彼女に浮気されて別れるという情けない思い出があるので、今となっては「あの時、もっと持続力があれば・・・」なんて思い返したりもします。

というのも、生でヤラせてくれる女性って貴重なんですよね。僕なんて、先ほど書いた「4~5年前に避妊に失敗した彼女」が今の嫁となっているんですが、まだ子作りはしないと決めてはいるとはいえ、結婚した後もゴムがないとゼッタイに挿入させてくれません・・・。

昔の生ペニス大好き彼女も、今の自分ならある程度は悦ばせることが出来るのに・・・と思います。それは年を取ったからではなく、ある方法で早漏を克服することが出来たからです。

過去の僕も、ゴムをつけていても数分で果ててしまうほどのヒドイ早漏症でした。「年を取ればある程度治っていくだろう」とタカをくくっていたのですが、30代後半になっても一向に改善されないどころかますます早漏が酷くなってきました。

そこで、僕は早漏を克服するために情報教材を購入することを決意しました。下記の「スパーキー佐藤の早漏革命」という早漏改善の教材では一番人気がある商品です。

早漏改善する教材の公式ページ⤵

情報教材とは、購入すると専用のホームページで自分専用のアカウントでログインすることで、動画教材をダウンロード出来るようになるシステムです。
感覚的には、kindleなどの電子書籍のようなイメージでしょうか。データを自分のPCで受け取って動画再生するわけですが、DVDで配送してもらうことも可能です(※別途手数料がかかる)。

僕は生で挿入はしませんが、これまで1~2分程度しか持たなかったのが最近では10分前後にまで伸ばすことが出来ました!それでも嫁は「もうちょっと頑張れ」的なことを言ってくるのですが(^ ^;)、それでも依然と比べれば大分感じてくれているのは実感できます。

本来なら、セックスで(男は)挿入する瞬間が一番ワクワクするタイミングですよね。なのに、早漏であるがゆえに「すぐイッたらどうしよう」「言い訳はどうする?」などと失敗した後のことが不安で仕方ありません。

正しい知識を学び、正しいトレーニング法で早漏を克服していけば、そんな不安とはオサラバ出来るでしょう。男としての自信もつくし、彼女はあなたのペニスで「パンッパンッパンッ!」と激しく突かれるたびに、マ○コをぐちょぐちょに濡らして悦ぶわけです。まさに、人生が変わるってやつですね。

しかし、早漏を克服するのはそうラクなことではありません。僕が購入した「スパーキー佐藤の早漏革命」の公式ページでは、早い人で2週間のトレーニングで効果が出たと記載されていますが、僕の場合「あっ、持つようになってきたな」と感じるようになったのは2~3か月経過してからです。

早漏を克服するまでの経緯やトレーニング状況などを記事に記録してあるので、体験談に興味のある方は下記の記事をお読みください。ただし、教材の内容に関してはネタバレになってしまうので一部内容は伏せてあります。

当サイトイチ押し!早漏克服教材

スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

私も重度の早漏でしたが、この教材の教えの通りに実践した結果、妻との性生活が充実しました。

生半可な気持ちではなく、「早漏で女にもうバカにされたくない!」「自分のペニスで女をヨガらせてみたい!」そんな男性欲求を満たす為に、一度試していただきたい優良教材です。

-セックスのお悩み

Copyright© 鬼パン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.