最高記録は挿入後すぐに射精!20年以上も早漏に悩まされた管理人が、鬼のように「パンパンパンパン!」とピストン運動が出来るようになるまで更新を続けるブログです。セックスに自信がない、風俗でしか楽しめない!そんな漢の悩み解消に役立つ実体験レビューを提供しています。

鬼パン

このサイトの目的

「目的」などと書くと仰々しいですが、当サイトを作成・公開するにあたっては幾分悩みました。

サイト上で顔を掲載などはしていませんが、個人がネット上で情報を発信するというのは、それなりにリスクもあります。
しかもサイトの題材が「早漏克服」でアダルトな内容なので、もしも個人情報がどこからか漏れて素性が周りにバレたら・・・今の生活に多大な悪影響を及ぼすのは目に見えています。

そんな僕が、今回このサイトを運営したいと思ったのには、理由があります。

同じ早漏の悩みを持つ男性と共鳴共感したかったから。

これに尽きます。まあサイトを作って公開したからといってそれが実現できるわけではありませんが、僕と同じように早漏の悩みを誰にも言えずに抱え込んでしまっている人と少しでも接点を持ちたかったというのが理由です。

僕はもともとマイナス思考で根暗な性格で、30代後半となった今では付き合いのある友人は一人としていません。もちろん、「早漏克服」について誰かに相談をしたことは一度もありませんでした。

早漏体験談でも書いたように、早漏であることで男としても自信が持てず、未だにハデな見た目の女性が苦手です。何となくダメな自分を見透かされてバカにされているような気持ちになります。

面と向かって「イクの早いよ!」と否定してくる女のコはほとんどいなかったですが、セックスをすればするほど相手の不満が高まっていくのはひしひしと感じます。
それをリカバリーできる人間力があるわけでもないので、女性と肉体関係をもってからは付き合う期間が長くなるほど関係が悪化するような危機感すら覚えます。

これまでは、そういう卑屈な気持ちしかなかったのですが、最近街などでツンケンしてそうな女性を見ると、ドス黒い欲望も沸いてくるんです。

この女のマ○コにそそり立ったチ○コをねじ込んで、パンパンパンパン!と腰を振ってヒイヒイ言わせてみたい。

これを実現できるまでは、あきらめずに早漏克服のトレーニングを続けていこうと思っています。

最近では、早漏克服のノウハウが学べるスパーキー佐藤の早漏革命という教材を参考に励んでいますが、今後も役立ちそうなものはどんどんお金を投入していこうと思っています。

自分で試したうえで、「これは効果がある!」と感じた商品は随時当サイトで紹介していきます。もし、気に入ったモノが見つかったらぜひ僕と一緒に早漏克服を目指す仲間になってもらえたらとても嬉しいし、サイトを運営する励みにもなります。

早漏の弱みって、なかなか人に言えないですよね。もし、誰かに言って女性にでもバレた日には、確実に女子会によるガールズトークのネタとされるでしょう。

僕は変にプライドが高いので、それは耐えられません。

ネット上のやり取りなら、顔や素性を知られることもありません。このサイトの存在が、早漏克服のきっかけの一つとなったらとても嬉しいです。

投稿日:

Copyright© 鬼パン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.