最高記録は挿入後すぐに射精!20年以上も早漏に悩まされた管理人が、鬼のように「パンパンパンパン!」とピストン運動が出来るようになるまで更新を続けるブログです。セックスに自信がない、風俗でしか楽しめない!そんな漢の悩み解消に役立つ実体験レビューを提供しています。

鬼パン

セックスのお悩み

クンニなしで早漏セックスをするあなたは底辺の烙印を押されている

投稿日:

前戯が面倒くさい。オンナなんて、ペニス入れてガンガン突けばそれだけでイクし、手マンで十分でしょ?

若い頃、私も正直似たようなことを考えておりました。
AVのように激しく女性器の中を掻きまわしていれば、勝手に気持ち良くなるんだろうと。

自分の間違いに気づいたのは、風俗で手マンをしていた時でした。
これまでに付き合った女性の中には、手マンだけでイケるコもいたので、徐々に「俺は手だけでオンナをイカせられる」と自信を持っていたのです。

しかし、現実は違いました。
いくらやっても痛がるだけ。悦んでいない。

その上、私は早漏なので、セックスとなれば初めから終わりまでまったく相手を気持ち良くさせられない男でした。

私と同様に

早漏である男性は前戯のテクニックを磨くことは必須

です。

特に、早漏という弱点をカバーできる、即効性のある技術を習得するなら、クンニです。

クンニを面倒くさいと思うのはパートナーを悦ばせていないから

セックスのときにクンニを面倒くさがる理由はいくつかあると思います。

  • パートナーの性器のニオイが気になる
  • 舐めたときの味が苦手
  • グロくて直視できない

クンニを避ける理由として、このような生理的な問題もあるでしょう。
この場合は、デリケートゾーンのにおい原因を調べて、解消するための対策を考えていかなければなりません。

しかし、まったく理由もなしにただ「面倒だから」というのは、あまりにも身勝手な言い分ではないでしょうか?

逆に相手の女性から、セックス中に
「クサい…」
「舐めたくないんだけど…」
などと眉をしかめてフェラを拒否されたら、ショックですよね。

女性だって、恥ずかしくて口には出せないけど、フェラもしたいしクンニもされたいわけです。

それで、問題なのはニオイや味、形状のグロさが苦手ではないのに、なぜクンニを嫌がるのかというところです。

なぜこんな問いを投げかけるのかというと、クンニをすることで本気で感じて悦ぶ女性は最高にエロいからです。

世の中には、逆に「クンニが大好き!」と公言する男性もいらっしゃいますよね?
これは、ただクンニという行為が好きというわけではなく、クンニを上手にやった先にパートナーの痴態やいやらしい喘ぎ声を愉しむことが出来るからです。

つまり、「クンニが面倒」だという男性は、言い換えるとセックスの前戯段階で、女性を気持ち良くさせるスキルが身についていないのです。

セックスは挿入してからスタート?いいえ違います

「いやいや…オンナが感じるのは挿入してからだろ?」
そう思われる方もいるのかもしれません。

しかし、ピストンを激しくやって悦ぶ女性は、AV業界にしかいません(しかもそれは仕事としての演技)。

挿入して、ある程度ピストンをしていると、女性の膣内は濡れてきます。
「濡れてるから、興奮して気持ち良いんだな」と男はつい勘違いしてしまいがちですが、そうではありません。

膣が乾いた状態でペニスを挿入されると、身体がキズつかないようにする目的で、本能的に愛液が潤滑剤の役割を果たすために分泌されることもあるのです。

相手の女性の気持ちになって考えてみましょう。

自分の上に覆いかぶさる相手は、目が血走っていてペニスはいきり立っている。
挿入すると、気持ち良さそうに一生懸命腰を振ってくる…!!
「声、出さなきゃ」
「感じてる顔作らなきゃ」

気持ち良くないセックスをされて、それでも無理やり自分を盛り上げて対処している女性は世の中にたくさんいます。

それでも、「いや、自分は違う」と男性は考えますが、残念ながらクンニすら上手にやろうとしていない時点で、相手をペニスで悦ばせていないでしょう。

クンニで早漏をカバーするその効果とは

実は、私も早漏で、クンニというものが苦手でした。

過去に関係を持った女性も、自分からは恥ずかしいのか「舐めて」とお願いされることもなかったので、AV男優のマネをして激しい痛いだけの手マンをやって「俺は感じさせている」と勘違いしていました。

おまけに挿入すれば、2~3分で射精してしまうわけですから、浮気されたりフラれてしまうのも、今となっては「当たり前だよね」と素直に思えます。

そんな私が少しずつ変わってきたのが、「スパーキー佐藤の早漏革命」という早漏の克服トレーニングやセックステクニックが学べる情報教材に出会った時からです。

この教材に出会って、私のセックス観は大きく変わりました。
セックスは男性ではなく女性が主役であること、早漏でも射精コントロールは可能であること、挿入してからよりも挿入前の愛撫テクニックの方が大切であること。

この教材には、これらの情報がたくさん詰まっています(※もちろん、クンニのテクも学べます)。
今まで早漏だからと淡白なセックスを繰り返してきた男性は、是非一度はチェックしてみるべきです。

関連記事➡スパーキー佐藤の早漏革命を本気!レビュー

まとめ

男は、セックスの話題を彼女や奥さんと話すのを嫌がります。

これは、私も分かります。同じです。
照れくさいですし、真面目に話し合ってしまうことで、どこか興奮度合いが下がってしまう側面もあります。

セックスにルールを持ち込むのは、萎えますよね。
「クンニは絶対に○分!」とか言われたら、大抵の男は抱くことがおっくうになるでしょう。

しかし、繰り返しますが、セックスを苦痛に感じている女性は皆ストレスを溜め込んでいます。

セックスがダメだからとすぐに浮気をする安易な考えを持つ女性は多くはないでしょうが、他にも
「約束を守らない」
「どこにもデートに連れてってくれない」
「なんだか頼りなくて情けない」
こういった、他の不満も溜まってきた時が危険信号です。
女性は、自分なりの正義を掲げることができる状況であれば、平気で浮気をする生き物です。

セックスがダメでほかの男に寝取られる”痛い思い”を避けるためにも、早漏をカバーするクンニテクニックを身につけて、彼女の手綱をきちんと握っておきましょう。

当サイトイチ押し!早漏克服教材

スパーキー佐藤の早漏革命

スパーキー佐藤の早漏革命

私も重度の早漏でしたが、この教材の教えの通りに実践した結果、妻との性生活が充実しました。

生半可な気持ちではなく、「早漏で女にもうバカにされたくない!」「自分のペニスで女をヨガらせてみたい!」そんな男性欲求を満たす為に、一度試していただきたい優良教材です。

-セックスのお悩み

Copyright© 鬼パン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.